読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハープのつぶやき

日々のぼやきを記録として残していこうと思います。

グリースを初めて買ったお話

○○の話

こんばんわハープです。

 

 

 

春休みに入り髪をセットしないといけない日が続いてます。

 

高校生活でもほとんど弄ったことがなく、いつも切ってもらっている美容師の人のを見よう見まねで頑張ってます。

 

 

 

そして先日。

いつものジェルがなくなってしまったため、その美容師の人に勧められた「グリース」なるものを入手しました。

 

説明によるとワックスとジェルの間ということだそうで。

 

ワックスみたいにガチガチにならないところが使いやすいのかなといった印象。

 

 

 

大学生活、髪をいじることなんてさらに増えるでしょう。

 

誰かにセットの仕方を教わりたいものです…

 

ではまた。

✨祝✨100記事達成

Topic

こんばんわハープです。

 

 

 

今回の記事でちょうど100記事目になります。

驚きです。

 

 

 

最近では、周りから「見てるよ」という声を頂きます。

 

素直にその場で感謝は伝えていますが、面と向かって言っている以上に内心は喜んでいます笑

 

Twitterにしてもそうなんですが、昔から文章を書くことが好きな人間なのでそれを見てもらえているっていうのはやっぱり嬉しいですよ。

 

 

 

不定期投稿のしがないブログですが、これからも暇な時間を使って遊びにきてください。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

(しがない…?)

 

 

 

 

地元民的「石川旅行のススメ」

こんばんわハープです。

 

 

 

年度末、石川に旅行する人もいるでしょう。

 

そういった方々のために、石川県旅行のいろはを教えて行きたいと思います。

 

 

 

まず大前提に「加賀」と「能登」と「金沢」は別で考えてください。

一回の旅行で同時には回れません。一緒に巡ろうとしないでください。

 

理由としては、同時に回るための手段が車か長距離バスしかないためです。

 

特急や新幹線で金沢に到着します。始発で来たとして朝9時だとします。

そこから能登まで2時間。9時半のバスに乗ったとして11時半です。

能登旅行は「輪島」と「珠洲」がメインだと思うんですけど、そこも一気に回るのは困難です。さらに1時間程度かかるからです。

 

日帰りでお考えの方は「金沢のみ」あるいは飛行機で能登空港へ行き、能登旅行を楽しんでください。

 

一泊2日だとしても金沢と能登の2つ同時は厳しいかもしれません。

 

では、金沢と加賀は?と思うかもしれません。

 

安心してください。金沢より下の地域は温泉以外魅力はありません。これはマジで。

 

かろうじて恐竜のなんかが加賀にありますが、福井の方が大きいです。

 

 

 

では次に、メインとなる金沢の旅行スポットのおすすめを教えていきます。

 

まず、旅行雑誌の四天王「金沢城」「兼六園」「二十一世紀美術館」「東茶屋街」についてです。

 

正直、この兼六園。趣はありますが面白みは皆無です。

雑誌では大きく取り上げられてますが、(こういうとなんですが)期待しているよりつまらないかもしれません。

 

1つ言えるとすれば、家族旅行には向いてません。子供には退屈に感じられると思うからです。

 

 

 

その反面、この四天王の中でも東茶屋街はいつ見てもすごいなと思います。

 

写真で良さげに撮ってありますが、それがそのまんま実際にありますからね。あそこを外すと金沢旅行の3/4は損してます。1/4金沢駅で満たされるくらいですよ。

 

他2つはというと二十一世紀美術館はまぁ良いところだと思います。

無料でも入れますし、○○展に合わせて行けば多少お金を払い、もう少し良いものも見れますからね。

 

金沢城に関してですが、よくわかりません。

確かに大きいですし高いところにありますのでかっこいいんですけど、あまり行きません。

 

多分地元の人はそこにあるのが当たり前すぎて行かないんでしょうね。

 

よくわかんないです。大きいですけど。

 

私も城好きなんですけど、金沢城は取り巻きがかっこいいだけで本体は他のところより心なしか見劣りするような…そんな感覚です。

 

 

 

Q'四天王以外におすすめはありますか?

 

おすすめ…といいますかお土産はエムザの一階にあるお土産屋を活用してください。

金沢駅内の「あんと」で買う人がたくさんいますし、雑誌でもそこが取り上げられますが、エムザの方がはるかにお土産屋として優秀だと思います。

 

まぁどっちも行けば良い話ですが笑

 

他に、最近建った「金沢きらら」や「タテマチストリート」なんかは、都会から来た人は行かなくていいかもしれません。

なぜ?だって全部あるから。h&mもヴィレバンもロフトも全部そっちにあるから。

 

四天王以外のおすすめはやっぱり「近江町市場」でしょうね。

 

テレビでもなんでもかんでもそこばっかり特集されますが、結果的にお買い物はそこなんですよ。

 

新鮮な魚達。新鮮な野菜達。新鮮な…魚達。

 

いや正直魚ばっかりですよ笑

 

どこ見ても魚屋ばっかりで道もわからなくなりますがそれはまぁ仕方ないですね。

あそこは地元民じゃないと抜け出すのも難しいですし、仮に別入口から抜け出したらどこがどこだかわからなくなりますからね。

 

 

 

さてこんな感じでどうでしたでしょうか。

旅行雑誌よりはるかに詳しく解説しましたが参考になりましたか。

 

これを踏まえて是非石川にお越しください。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイアパンチ4巻

レビューするの遅すぎ。ハープです。

 

 

 

3/4発売ファイアパンチ4巻を3/8に購入し、3/16にレビューするたわけです。

f:id:harp15:20170317064532j:image

 

テーマは「神格化」

宗教の発達がよくわかる内容となっておりました。

 

 

 

敵…よりかは仲間に加わった新メンバーのまぁ強いことなんの。

 

鉄の爪の人は頼もしそうですね。

 

それと、氷の魔女の正体が明らかになりましたね。

 

氷の魔女の存在は二転三転してよくわからなかったのですが、やっとひと段落つきましたね。

 

 

 

今後としては

嘘と集団行動で出来上がってしまったアグニの神格化がこの先どう展開していくかとても楽しみです。

 

ではまた。

悩んだ末に

こんばんわハープです。

 

 

 

進学先が確定しました。

 

ずっと外に出たいという思い一心で受験を続けてきました。

 

前期を落とし、中期、後期まで続いた大学受験。

 

県外のあまり耳にしない学校へ行くか、県内の一応大きいところに行くか、この1週間ずっと考えました。

 

しかし、長い目で見たときにやはり就職はこっちでしたいと考えてはいましたし、なにより両親にはずっと迷惑ばかりかけてきたので、県外/無名校/一人暮らし/私立の四十苦を背負わせることは正直耐えられませんでした。

 

 

 

大きな決断でしたが、この決断が良いか悪いかはこれからの自分次第ですので、春からの大学生活での過ごし方をしっかりと考えていこうと思います。

 

 

 

ブログの方も大学生となってもよろしくお願いします。

 

ではまた。

 

 

受験生必見‼︎受験期に力になる音楽

こんばんわハープです。

 

 

今まで散々受験する側の話をしてきましたが、私もついに応援する側となりました。

 

自分と同じならばこのくらいの時期からスタートする人は多いのではないでしょうか。

 

そこで、受験生にオススメしたい曲を私なりに3曲用意しましたのでどうぞ。

 

 

 

 

 

1,「イチ、ニッ、サンでジャンプ」-グッドモーニングアメリカ

 

私をこの曲を1番にオススメします。

 

サビの歌詞を聞いてもらうとわかる通り、受験生が感じている気持ちがひしひしと伝わってきます。

 

曲自体もグッドモーニングアメリカらしい馴染みやすい曲調で、何度も聞いてほしい一曲です。

 

2,「fight for liberty」-uverworld

 

2曲目はuverworldから。

 

「…人生が二度あるならこんな険しい道は進まないだろう でもこの一回たった一回しかチャンスがないのなら  なにもかも諦めて生きていくつもりはない…」

 

このサビの歌詞を聞いていつも頑張ろうと思います。

人生は一度きりですから今頑張らないといつ頑張るんだと、その通りですよね。

 

3,「フィルム」 -星野源

 

これは受験期…というよりは入試前に聞いてほしいと思います。

 

「声をあげて飛び上がるほどに嬉しい。そんな日々がこれから起こるはずだろう」

 

試験前は何度も何度もこの言葉を聞いて、何度も何度も助けてもらいました。

 

 

 

といった感じで3曲オススメさせてもらったわけですが、いかがだったでしょうか。

 

今年から中学、高校3年生に進学するみなさんは参考になれば幸いです。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

いつか夢みた光景は全く違うもので

こんばんわハープです。

 

 

 

先の見えない状態から抜け出しました。

 

 

 

嬉しい、本当に良かった。

 

 

 

しかし祝福はありません。

 

 

 

父親は学校名を聞いて偏差値を調べすぐに見下されました。

 

 

 

想像していた光景とはほど遠く、僕の流した涙は嬉しさのそれとは違いました。

 

 

 

初めから味方なんていなかった。