ハープのつぶやき

これはハープ本人による生活記録である。

【コラム】ラーメン屋って儲かるの?

こんばんわ、ハープです。

 

 

 

ブログ内では数回記事にしたこともありますが、私ハープはかれこれ2年ほどラーメン屋でアルバイトをしています。

 

そんな私が今日はラーメン屋の裏側をちょっぴりお教えしていこうかなと思います。

 

 

 

ラーメン屋って儲かるの?

牛丼、定食屋、ファミレスチェーン、多くの飲食店が街には存在しますが、中でもラーメン屋の店舗数は飲食業の中でも割合が高いと言えます。

 

結論から言うとラーメン屋は

儲かるはずです。

 

どうしてこんな非確定要素を含んだ言い方をするかと言うと、先ほどの話が関係してきます。

 

 

ラーメン屋の店舗数が多いということは、それすなわち敵だらけなんです。

 

 

マクドナルドや牛丼チェーン、ファミレスなんかは豊富な選択肢から自分を選んでもらうために戦いますが、ラーメン業界の相手はラーメン屋です。

 

固定客のつきやすい業界でもあるため、他店舗からお客を奪うのは難しいんです。

 

しかし反対に、一度固定客がついてしまえば口コミで広まりやすく新規客を受け入れやすいことも特徴です。そのため、儲かりやすく廃れやすいというのが正解でしょう。

 

 

 

ラーメン屋って原価率高いって聞くけど、、、

はいそうです。

ラーメン屋は原価率高いです。

なのでみんないっぱい食べてください。お得です。

 

客単価も低い。原価率も高い。席数もそんなにない。

ラーメン屋は三重苦を抱えながら経営する業態です。

 

ではどうやってラーメン屋が生き残っていくのか。

トッピングとサイドです。

ラーメン屋はある程度の味から店舗によって優劣がなくなります。味のはありますが、どっちが上ってことはあまりありません。

 

ラーメン屋が唯一武器に出来るの回転数です。

回転の早いラーメン屋でどれだけ客単価を上げれるかの勝負です。

そこで力を入れるのがトッピングやサイドメニュー。

 

「ここの煮卵絶品なんだよな」「ここのチャーシューなら何枚でも食べられる」「ここのまかない丼マジ最強」

そう言わせるためにラーメン屋は日々トッピングを研究し、追加トッピングをしてもらうために頑張っています。

 

原価率が高くなっていく理由はトッピングをより良いものにするが故にそうなってしまうんですね。

 

 

 

最後に

簡単でしたが、ラーメン屋のメカニズムをご紹介させていただきました。

 

経営の仕組みは知ってても知らなくてもいいんですが、ラーメン屋はトッピングで戦っているぞということだけ覚えていただければ店員側としても幸いです。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

【日記】やっとのこさ見れた映画なのよ

こんばんわ、ハープです。

 

 

 

今日は日記です。

 

 

 

朝。5時に建築を完成させて就寝しました。

そこから10時半に起床し映画を見に行こうと思ったのですが、どうしても誰かと観に行きたかったので友人を連れ出しました。

 

夕方、上映時間より小一時間早くついたため近くで軽食をとり待っていました。

 

 

チケットを購入すると席が自由席でした。

ちなみに視聴は「スマホを落としただけなのに2」

そんなに人気のない作品ではないと思いますが、コロナの影響なのか人がいなかったので自由席化したのでしょうか。

 

 

詳しいレビューは後日記載します。

簡潔な感想としては、前作を見ていたのでそこと比較することになるのですが、前作の方がより狂気的で好みでした。

 

 

夜ご飯はそのまま友人と牛タン定食を食べて帰宅しました。

f:id:harp15:20200309023452j:image

贅沢な1日です。

 

 

 

今日は簡単にこの辺で終わります。

 

ではまた。

 

 

 

【コロナ】肺炎って実際のところどうなの?つらいの?

こんばんわ、ハープです。

 

 

 

新型コロナウイルスの被害から約1ヶ月。

まだまだ感染は拡大傾向にあります。

多くのイベントが中止・延期し、東京オリンピックの開催も危ぶまれています。

 

一体どうなっちゃうだ日本。

 

 

というわけで今回お話することは「肺炎」についてです。

 

肺炎とは?

そもそも肺炎とは一体どういった症状を指すのでしょうか。

 

簡単な説明はこちら。

肺炎の主な症状は、せき、発熱、胸痛、痰がでる、息苦しいなどで、かぜの症状と間違えられやすいのですが、症状が長引き、かぜの症状よりも重いのが特徴です。しかし、病原体の種類によっては、せきや熱などがあまりでない場合もあり、かぜと勘違いしてしまうケースも多いようです。また、肺炎は放っておくと重症化しやすく、入院治療が必要になってしまうこともあります。

参照:気をつけたい感染症 「肺炎」

 

そう、肺炎=入院・死亡リスクのイメージが私自身ありましたが、発症自体は小さなもののようです。

 

そして肺炎の起こり方として、細菌が悪さをするパターンと外部ウイルスが悪さするパターンとおおまかに2つに分かれます。

今回新型コロナウイルスによる肺炎は後者の「ウイルス肺炎」の方です。

 

この、ウイルス肺炎にはインフルエンザがきっかけで発症する場合もあります。

 

 

インフルエンザ肺炎のつらさ

コロナウイルスの感染はもちろん経験したことがありませんが、インフルエンザの経験は数回あります。

 

そして

インフルエンザ肺炎の経験もあります。

 

今からちょうど10年前です。

小学生の頃にインフルエンザきっかけで肺炎も合併して発症し、人生初の入院を経験しました。

 

肺炎の症状って本当に驚くほどつらいんですよね。

病院へ行く車の中で呼吸困難に陥ったのですが、感覚的には溺れる感覚と同じです。

プールや海で水を飲んでしまった時に、「まずい、息出来ない!」というような経験がある人はよりわかりやすいんですが、その状態から復帰する時って深呼吸からさらに吸ったようなつらい呼吸法になるんですよね。

 

それがずっと続いてる感覚です。

 

 

 

病院に到着し、注射を打つと安定するんですが、注射の打つ場所も生半可な場所じゃないです。

上腕や肘裏に注射を打った経験がある方は多数いらっしゃると思います。

 

 

その時は手首でした。

 

 

手首の注射って何故か味がするんですね。(あくまでも私の経験です)

鉄分の嫌な味というか、なにかそういったニュアンスのなんとも言えない鉄っぽい味がするんです。

 

あと激痛です。

何故か小学生なりに「注射は泣いてはいけない」という予防接種ルールが働いてしまい、目をギンギンに歯を食いしばってたえてたんですが、注射針というより細いストローに近いようなものを無理やり刺されていたので、今思えば泣いてた方が楽だったと思います。

 

 

病院での経過はあまり覚えていません。

特につらさは感じていなかったと思います。

 

そう考えるとつらいのは発症〜注射を打つまでと考えた方がよさそうですね。

 

 

 

超余談ですが、入院中暇な私の母親が買ってくれた「コロコロコミック」を見たことがきっかけで私のマンガ人生がスタートした思い出がふと蘇りました。

 

 

 

最後に

今回は肺炎についての基本知識と経験談を読んでいただきました。

 

特にこれがコロナに繋がるといったことはないのですが、ほんのちょっとでも感覚共有をしていただき、万が一でも肺炎が発症した際にどういったことを施すかを知っていただければ幸いです。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

【日記】マスク買えたよ

こんばんわ、ハープです。

 

 

 

今日はゆる〜いブログです。

 

 

 

今朝は友人達と朝から牛丼を食べて1日がスタートしました。

 

いつも通り動画の海に潜っていきます。

最近、サバゲーの動画を見ることにハマっています。

キル集も初心者動画も福袋開封も、全部見てしまいます。

 

 

気付いたら夜になっていたので、夜飯ついでに日課のマスクチェックをしてきました。

 

そしたらなんと、、、

ひさびさにマスクありました。

 

嬉しいですねぇ

すぐ購入しました。購入制限で1人1箱までなのでもちろん1箱です。

購入制限されてなくてもマスクなんて1箱あればいいんです。

 

ニコニコで帰宅し、友人からもらった冷凍チャーハンを今日の夜ご飯にします。

 

食後はここ数週間サプリメント生活を欠かさずしているのできっちり飲みます。謎の健康意識です。

 

 

そして22:00〜現在翌日5:00まで知り合いのマインクラフトのサーバーで建築担当をしていました。もう少しで大型建築が完成しそうです。

 

 

疲れたので今日はこのまま寝ます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

【緊急事態】マスクもティッシュもトイレットペーパーも… どこにも売ってない!!!

こんばんわ、ハープです。

 

 

 

コロナの影響が日本にやってきたタイミングで薬局のマスクの買い占めが始まり、連日入荷未定の状況が続いています。

 

そんな状況下において、インターネットのデマなのか外出をしないことを見越してなのかは定かではありませんが、ティッシュやトイレットペーパーまでもが品薄・品切れの状況が起こっています。

 

 

 

コロナウイルスの被害は最早災害と言っても過言ではありません。

防災準備だと捉えて消耗品を買い置きするのはわかりますが、買い溜め・買い占めするのは本当にやめてほしいです。

 

災害下ではボランティアを装った詐欺や盗難行為など、助け合いとは大きくかけ離れた行動を起こす人もいます。

 

現在横行している消耗品転売ヤーも直接的に犯罪行為を行なっている認識はなくともやっていることは変わりません。

許可を得ていない転売を継続的に行うと違法になりますからね。

 

 

 

国内全体、世界全体での問題を助け合って生活していける状況を作ってほしいと強く願います。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

【後編】人生ベストゲーム年表✨【ポケモン愛】

こんばんわ、ハープです。

 

 

 

前回は少年期前半までの人生ベストゲーム年表を語ってきました。

今回はその後編です。

 

*前編はこちら↓↓↓

harp15.hatenablog.com

 

ではどうぞ

〔目次〕

 

 

少年期後半

ポケモン不思議のダンジョン 闇の探検隊

DS用ソフト「ポケモン不思議のダンジョン 闇の探検隊」です。

 

不思議のダンジョンシリーズ史上最高にシナリオが完成されている今作ですが、必ずといっても過言ではないほどラスボス戦後に泣ける作品だと思います。

 

また、闇ダンではBGMも非常にクオリティが高く、何度プレイしても飽きないですね。

特に好きなBGMはこちら↓

https://youtu.be/SRdi2MUo_hA

 

4段変調する過去作の赤・青の探検隊リメイクBGMがながれる「ふぶきのしま」

繋ぎのうまさ、アレンジの神改変、そして曲そのもののクオリティ。全てが合わさった最高の一曲です。

 

個人的には「決戦!ディアルガ!」やマイナーチェンジ作品の空の探検隊で追加された「ほしのどうくつ」のBGMも是非聴いて欲しいです。

 

 

ポケットモンスター ハートゴールド

ポケットモンスターシリーズ、金・銀版のリメイク作品「ポケットモンスター ハートゴールド」です。

バトル以外で1番やり込んだ作品だと思います。

 

金銀時代で既に完成されていたシナリオだったんですが、追加コンテンツをひっさげてグレードアップした今作。

 

16ジム+フロンティアが合わさり3年は遊べるボリュームがありましたが、しっかりそのくらいプレイしました。

 

中でもハマってしまったのがトライアスロンを模した「ポケスロン」という施設。

本編とは別のミニゲーム的な施設なんですが、本当にずっとここで遊んでました。

 

購入特典のポケウォーカーも今や懐かしいですね。

 

 

リズム天国ゴールド

DS用ソフト「リズム天国ゴールド

極めに極めた一作です。

 

ゲーム内で3段階のクリア方法があるんですが、ノーミスクリアで達成する「パーフェクト」の全ステージ達成を頑張って達成し、当時は自分のリズム感が凄まじいものなんじゃないかと大過信してました。

 

ただ、そのパーフェクトクリアを達成するにおいて49ステージは割とサクサクいくんですが、「ピンポン」のステージだけが一向に進まず、判定が鬼狭かったためになかなかクリアできなかった思い出があります。

 

 

青年期前半

ポケモンレンジャー バトナージ

青年期前半で一つ区切りましたが、実際のところあまり区別はなく、なんとなく自分の中で後の方にやっていたかなと思われるゲームになってきます。

 

まずは「ポケモンレンジャー バトナージ」です。

 

ポケモンレンジャーシリーズの2作品目である今作。レンジャーシリーズでは「ゲット」ではなく「キャプチャ」をするんですが、キャプチャ方法が前作より緩和され、快適なプレイが楽しめる作品でもあります。

 

メインシナリオも面白いんですが、レンジャーシリーズの特徴でもサブクエストのストーリーもしっかり作り込まれており、ずっと飽きずにプレイしてました。

 

レジ系をキャプチャしてから神殿に連れて行き、レジギガスの場所に行った時は感動しました。

 

 

ポケットモンスター ホワイト

中学の3年間はこれに捧げました。

ポケットモンスター ホワイト

 

友達4人と共に夏休み期間を使用したりして泊まり込みでポケモン合宿をするほど全力を注いでいました。

 

ちょうどニコニコ動画ポケモンのバトル動画

がバズってるタイミングだったこともあり、本気でポケモンバトルをやっている期間でした。

 

ちなみにお気に入りは毒+メロメロハメする害悪モロバレルでした。

f:id:harp15:20200304041810j:image

 

 

真・戦国バスターズ

中学に入ると割と早い段階でiPod touchを購入してもらっていた私ハープですが、アプリゲームでやっていたゲームは3つ。

 

パズドラ」「カートゥーン・ウォーズ」そしてこの「真・戦国バスターズ」です。

 

パズドラを語ろうにもゼウスが降臨したくらいでやめてますし、カートゥーン・ウォーズは私の友人がやり込んでいた記憶が強く残っているので、戦バスの思い出になります。

 

元祖タップゲーとも呼べる戦バスですが、今思い返してみるとゲーム性はクソでした。

 

モバゲーやグリーなどと同様に、アバターの着せ替えが可能なゲームなんですが、毎月くる塔を登っていくのようなコンテンツで入手出来る限定装備を求めて友達と一緒にプレイしていました。

 

 

青年期後半

Minecraft PE(現・統合版)

高校に入るとずっと赤髪のともで見てきたMinecraft(マイクラ)の携帯版を入手します。

 

この頃は洞窟もなく、ワールドも制限サイズしか存在せず、鶏がいないのでゾンビが羽をドロップする時代でした。

 

この頃の一つの目標として「ネザーリアクター」と呼ばれるこの時代のネザーアイテム入手のための装置なんですが、これの起動がPE最初期の最終目標みたいなものでした。

 

イクラに関してはかれこれ7年間、同じゲームをし続けています。

 

 

モンスターストライク

最後に二度の挫折を経て現在最もやっているスマホアプリ「モンスターストライク」です。

 

本格的にプレイしており、何故かモンストにどっぷりなので公式ショップにも何回も通ってしまいます。

 

今のデータは別として、昔からプレイしているこれ以上ハマるアプリには出会わないであろうゲームだと思います。

 

 

 

最後に

いかがだったでしょうか。

だいぶすっ飛ばしていたりはしますが、自分を形成してきたゲーム達の年表でした。

 

みなさんも共感できるところなどありましたでしょうか。

こうして自分のプレイしてきた思い出を語っていると今一度この年齢でプレイしたくなりますね。

 

グラフィックや操作性は変われど、ゲームは日本人の一大娯楽です。いくつになっても色んなゲームに触れていきたいと思います。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【人生ベストゲーム】自分の人生を形成してきたゲームを年表で紹介✨

こんばんわ、ハープです。

 

 

 

男性の方の多くはゲームと共に育ってきたといっても過言じゃないと思います。

もちろん、私自身も幼少期から今現在まで媒体を変えながらゲームと共にある人生でした。

 

今回はそんな私の人生ベストゲーム年表を作成し、一つ一つに触れて話していこうと思います。

 

 

[目次]

 

 

幼少期

レディストーカー 〜過去からの挑戦〜

人生で初めて「ゲーム」というものに触れたのは父親のやっていたこのレディストーカーでした。

スーパーファミコンRPGソフトで謎解きがストーリー内に散りばめられているような作品です。

 

人生初めてのゲームということもあり、ゲームの戦闘BGM=この作品の印象が自分の中では強く残ってます。

 

戦闘や話を進めたり謎解きを解くのは年齢的に難しかったので、ストーリー中に訪れる「デスベガス」という街のクレーンゲームだけひたすらにやっていた思い出があります。

 

残念ながら3DSで販売しているバーチャルコンソール(VC)版は存在せず、いつかの機会に自分でプレイしたいです。

 

少年期前半

ポケットモンスター エメラルド

さて、自分自身でのゲームプレイ人生となるとここからになると思います。

この後もポケモンが何作品か出てきますが、まず最初はこれです。

ポケットモンスター エメラルド

ゲームボーイアドバンス時代の有名ポケモン作品です。

 

その前には緑版、ピカチュウ版、銀盤、とプレイしてきましたが、緑版は姉のデータをちょっと触れた程度、ピカチュウ版は何故か近所のお兄さんに捨てられ、銀盤は初期不良でレポートが書けない状態だったので正式にプレイしたのはその後ルビーからでした。

 

ただ、ルビーを遊んでいた記憶があまりなく、実際の所永遠に遊んでいたのはエメラルドからです。

 

何度か初めからプレイしましたが、必ず最初のポケモンは必ずキモリでした。

f:id:harp15:20200302220253p:image

エメラルドにひたすらハマり続けた最大の理由はストーリークリア後に行けるようになる「バトルフロンティア」と呼ばれる施設のせいだと思います。

ストーリーとはまた別のバトルコンテンツのようなもので、一生そこで遊んでました。

 

数あるポケモンの中でもトップクラスの良作で、何年経っても愛される最高の作品だと思います。

 

 

Newスーパーマリオブラザーズ

 

DS用ソフト「Newスーパーマリオブラザーズ」です。

 

人生で初めてのマリオ…ではなく、自宅にあった「スーパーマリオランド」はちょっとだけやってました。しかし、最初からクリアした作品となるとこれが初めてです。

 

巨大マリオがパッケージの作品で、DSを持っている友達は大体持っていた印象があります。

 

ストーリーをやり続けていたかと言われればそうではなく、PvP(ローカル対人戦)やミニゲームモードをずっとやってました。

ミニゲームのトランポリンはギネスでも狙えるんじゃないかと言わんばかりにやり込んでいましたね。

 

 

クラッシュ・バンディクー

自宅にたくさんのゲームが置いてあるハープ家でしたが、これもその一つです。

 

プレイステーション用ソフト「クラッシュバンディクー

 

人気のクラッシュバンディクー1〜3のシリーズ(その後も4,5とメーカーさんが変わって出されていたようです)が自宅に置いてあり、主に2と3の攻略にハマっていました。1は難しすぎて途中で断念しました。

 

数年前にプレステ4用にリマスター版が発売され話題となった作品でもあります。

 

2はボスの難易度が1と比べてぐっと低く、その分ステージ難易度が多少難しくなっているのが特徴だと思います。

隠しルートが数多く存在するクラッシュシリーズですが、中でも隠しルートからワープしていける「ばくそうオールナイト」と呼ばれるステージをひたすらに負けては挑戦してを繰り返していました。

 

そして「クラッシュバンディクー3」

3の特徴は攻略していくごとに使用可能アクションが増え、それを駆使して進んでいく作品スタイルです。

 

妹のココを操作する中華ステージや何気に難しいバイクステージ、4ボスのシューティングステージも好きなんですが、個人的3最大のおもしろステージは3ボスの「エヌ・トロピー戦」です。

これといって難しいステージではないんですけど、BGMのせいなのか印象深いんですよね。

 

クラッシュシリーズに関しては、リマスター版を是非みなさんにも遊んでみて欲しいなと思います。

 

 

マリオカート ダブルダッシュ‼︎

これと次に出てくる作品は友達の家で永遠に遊んでいたシリーズですね。

 

まずはこれ「マリオカート ダブルダッシュ‼︎ゲームキューブ作品です。

 

自宅でスーファミ版のマリオカートもやっていましたが、それよりも友人宅でダブルダッシュをやっていた記憶の方が大きいです。

 

シリーズ唯一の2人乗り作品で、私+友人+友人兄でやっていたんですが、コースでは1人操作の方が早かったのですが、VSの風船バトルでは2人操作にコテンパンにやられていた思い出があります。

 

ダブルダッシュ形式で現代版リメイクされないかなと次の作品同様に願うんですが、どうでしょうか。

 

 

カービィのエアライド

そしてみんな大好きゲームキューブソフト「カービィのエアライド」です。

同じ友人宅に行くとまずはエアライドからと言っても過言ではないほどエアライドばかりしてました。

 

レース戦もそこそこやっていましたが、やっぱりエアライドといえばシティトライアルですよね。

 

シティトライアルにひたすら熱中して遊んでいて、誰が最初にジェットスターを手にするかのゲームを永遠にやってました。

まぁ毎回負けてなぜかフォーミュラに乗り込むんですが。使いこなせた記憶はないです。

 

 

ポケットモンスター ダイヤモンド

さて人生ゲーム年表、少年期前半を代表する最後の作品はポケモンシリーズ「ポケットモンスター ダイヤモンド」です。

 

小学2年の時のクリスマスだったか3年の誕生日に買ってもらったような気がします。

私と同年代の人の多くはこの世代のポケモンシリーズをプレイしていたのではないでしょうか。

 

このソフトから初めて攻略本を買い、ポッチャマで初めると水技で1つ目のジム。ひこう技で2つ目のジムが攻略しやすいとわかり、「ヒコザルカッコいいな…」などと思いながらもポッチャマで攻略を進めていました。

 

意外とシリーズの中でもクリア難易度が高く、テンガン山の幹部戦前でレポートを書き、ライバルとのタッグ戦を何回かやっていたような気がします。

また、鋼のタイプ相性を理解していなかったのでミオシティのジムで足踏みされていた思い出もあります。

 

ダイヤモンドといえば、初期生産分に存在する「なぞのばしょ」バグですが、当然私も行いました。ダークライをゲットした時は、なにかいけないことをしているんじゃないかと子供ながらに思っていました。

 

ダイヤモンドは2,3年プレイしていましたが、最後はなぞのばしょでミスってしまい、データを消すハメになって売りに出しました。

 

 

 

今回思ったより記事が長くなりそうなので、次回に続きを持ち越します。

 

書いてる途中で色々思い出し、本当はもっとたくさんの思い出年表を作りたいんですが、永遠と書いてしまいそうなので、今回はこのくらいにしておきます。

 

後編が上がり次第リンクを↓↓↓に貼っておきます。

 

 

 

ではまた。