ハープのつぶやき

これはハープ本人による生活記録である。

こんなことなら。

こんなに否定されるんなら話すんじゃなかった。

 

 

 

高校に入ってわかった。

さらに言うと最近になってもっとよくわかった。

 

親に縛られすぎている。

 

友達と遊ぶ機会も少ない。進路だってそう。

自立したい俺と過保護な両親。

 

やりたいことはなんでもやっていいとかいいながら、本当にやりたいことはすぐ否定される。否定じゃなくて考えを捨てさせられる。

 

 

 

 

 

自由をくれ

広告を非表示にする