ハープのつぶやき

これはハープ本人による生活記録である。

思い出は

こんばんわハープです。

 

 

 

学校が午前に終わると毎回行く定食屋があります。

 

大通りから少しはずれたところにポツンとあり、昼間の時間帯だけやっています。

 

熟年の夫婦が経営しており、おばちゃんはいつも笑顔で迎えてくれます。

 

仮に県外にでることになったら行くことも少なくなり、少し寂しい気持ちがあります。

 

高校は決して薔薇色な生活ではありませんでしたが、こういう時間が本当に好きでした。

 

 

 

なんだかふと思い書いてみました。

 

ではまた。

広告を非表示にする