ハープのつぶやき

日々のぼやきを記録として残していこうと思います。

趣味に対する価値観の相違

こんばんわハープです。

 

サッカークラブ世界一決定戦、見ましたか?

 

本当、興奮しっぱなしな試合でした笑

あのレアル・マドリード相手に延長戦まで持ち込んだ時点で凄いことですよね。

 

前振りはここらへんにして今日の話題は「趣味」の話です。

 

みなさん、趣味はありますか?

 

趣味といっても小さいことから大きいことまで多種多様ですよね。

 

スポーツ、ゲーム、散歩、カラオケ、ショッピング、youtubeなどなど

 

あげたらそりゃもうキリがありませんよね。

 

その中には、あまり一般には理解してくれない人もいるでしょう「サブカルチャー」というものがあります。

 

私も実は趣味が「サブカル」によっているところがあります。

 

ニコニコ動画もそうでしょうし、コスプレなんかにも興味があります。

今は少し離れましたが「ボーカロイド」も一時期はすごい聞いていました。

 

ラップなんかも世間一般から見ればまだまだマイナーな方なんじゃないでしょうか。

 

それにこのブログ。サブカルではありませんが、高校生でブログを書いてる人は私の周りではいませんね。

 

といったようにあまり人には理解され難い趣味があります。

 

しかし、それをあまりにも簡単に「きもい」「オタク」などといってけなしてほしくないのです。

 

友人の話になるのですが、youtubeばかり見ている友達が意気揚々と話すのを「きもい」といって一蹴されている場面に最近よく遭遇します。

 

なぜでしょうか。

それは趣味に対する価値観の違いであって、人が文句をどうこう言うものではないと思うのです。

 

自由恋愛にしてもそうです。

 

LGBT」という言葉をご存知でしょうか。

 

性的少数者」のことですね。

 

去年、クラスメイトの友人がゲイだと言って騒がれたことがあります。

 

その場はやはり「きもい」という声を上げる友達もちらほらいましたが、その時もなぜ理解をしてあげず、「きもい」という言葉が先に出るのか。そこで怒るわけにもいかず、ずっとモヤモヤしていました。

 

趣味の相違、恋愛対象の相違を否定するのではなく、理解に努める。

 

それもしない奴が、自分の中で理解不能と判断したら「きもい」で切り捨てるのはどうかと私は思います。

 

そうした経験がある人。一度考え直してみたらいかがでしょうか。

 

 

 

以上、ハープでした。

 

ではまた。